おおつか食堂IV

導かれしものたち

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ヤミ履修と高等教育

「受験偏重の高校教育うんたらかんたら」というどっかで聞いた悪夢のようなフレーズが最近また復活してきてしまった。進学校、エリートを自任するのであれば、高校の理科社会程度でガタガタ言うな。
実は僕の母校でも履修漏れが判明しているが、「何を今更」という話だ。音楽室と美術室があるのに音楽教師も美術教師もいなかった、それなのになぜか通知表に音楽の成績が書いてあった(しかも全員5段階の5)等、地理歴史どころではない多数のミステリーが明るみに出る日を楽しみにしている。


話は変わるが日本の教育体制の問題は分かりやすくて、「大学進学率が上がりすぎている」という事だと昔から思っているのだが。
中学、高校を出て社会で職人、社会人の卵として「英才教育」を受けるべき人材(悪く言えば勉強に「向いていない」人たち)が大挙して大学へ進む結果、大事な4年間をスネをかじりながらぼんやりと過ごして、学も技能もない「学士さま」が増殖、さらに、本当に優秀な学生にお金が投入されないため(日本には「奨学金」はほとんどなく、育英会などは単なる「学資ローン」)、「自分たちは税金で勉強させて頂いている」意識も育たず、上位層にもエリートとしての矜持が身につかない。

スポンサーサイト
  1. 2006/10/29(日) 20:21:09|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<けんけつちゃん | ホーム | 父親たちの星条旗>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://benzodiazepin.blog41.fc2.com/tb.php/52-2d80693d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

まつお

Author:まつお
禁煙にほぼ成功。
酒は減らず。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。