おおつか食堂IV

導かれしものたち

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

エコー検査

今日は仕事を休んでエコー検査を行った。
検査自体は大したことはなく、薄暗い部屋で下腹部をぬらぬらとゼリーを塗って弄られるだけ。

診察室の前で待っていると、中の会話が筒抜け。
婆さんが「胃潰瘍が治らないのは医療ミスで体の中に胃カメラが残留しているためではないか」という妄想に囚われていて、前に診てくれたナカジマ(仮)という若い医者がキレ気味にそんな事はありえないと必死で説得。20分くらいそんな話をしていた。
結局ナカジマ君は彼女に精神科の受診も勧めていた。そこまで率直に切り出すのもどうかとは思ったが、正しい判断だと思う。

で、僕の番。胃の写真を見せてもらったが、ナカジマ君はうって変わってとってもご機嫌で、
「もう、標本みたいにキレイな胃ですよ。うん。」
と内臓をひとしきり絶賛してくれた。彼はなんだか臓物がとても好きなようで、聞いてもいないのに色んな臓物の話をしてくれた。実はいい奴なのかもしれない。

結論としては、ストレスによる胃酸過多か、食あたりか何かで痛んでいたのか、そのあたりであろう。今回職場や友人関係など、割と色々な人にご心配をおかけしました。どうやら無事です。



何度か病院に通って思ったが、日本の老人医療は驚くほどに手厚い。インフルエンザの予防接種やちょっとした健康相談なんて、公民館に爺さん婆さんを集めてまとめてやればいいのに、わざわざ受付のお姉さんが丁寧に応対して、医者がちゃんと問診をして、という事をしている。病院は病人のために機能してほしい。
高齢者に手厚い反面、受付に人があふれかえって、本当に辛そうな若い人が座れずに壁にもたれてぐったりと立たされていたり、隣の産婦人科の待合まで予防接種のジジイババアが占拠して、妊婦さんが立って待っていたり、信じがたい光景が展開されている。
年長者を厚遇すること自体は悪い事ではないが、それに対して感謝できないジジババに対しては敬意を払いたくはない。
スポンサーサイト
  1. 2006/11/28(火) 23:33:33|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

胃腸

胃腸の具合がすこぶる良い。薬ってすばらしい。
今、無性に胃に悪いものが食べたい。焼肉とか。
  1. 2006/11/24(金) 23:51:36|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

それぞれの慰安

イアン・ソープが引退するらしい。
特に関心はないが、googleで検索すると、
慰安ソープ、などという下衆な言葉が満載である。
ちなみにシドニーや世界水泳で彼と覇権を争ったのが「マンコッチ」。
何となく卑猥だ。さすがは水商売。


…すみません。酔っ払ってます。
胃が痛いです。腸のあたりも痛いです。
近頃身も心もボロボロです。
  1. 2006/11/21(火) 23:26:32|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

胃CAMARA

今日、胃カメラを飲んだ。
飲むというより「挿入された」という表現がふさわしい。
そんな秋の日のロストバージン体験記。

前日。
ビビって色んな体験談をネットで拾っていたところ、
「全然大した事ありませんでした」「もう楽勝、ビビって損したよん♪」
「もう地獄でした。死んだほうがマシ」「涅槃が見えます」

などと大きく意見が分かれており、読み進めていると、
「イメージトレーニングをしましょう」
「おしゃべりをして緊張をほぐしましょう」

などという何の参考にもならねえ意見が出てきたので、読むの中止。



当日。
まず胃の消泡剤を飲み、キシロカインゲルを5分間口に含み、
ノドを麻酔。この時点ですでに相当気持ち悪い。
隣に座った親父がむせてゲルを吐き出していた。
さらに、もう一人いたおばちゃんがやたらと動揺して
「こっちは飲むんですか、これは口に含むんですか、どうしよう飲んじゃった、あああああ」
などとひどく動揺して看護婦さんや、何故か僕まで質問攻めにして、
看護婦さん軽くキレる。
その間処置室からは嗚咽の声と医者と看護婦の励ましの声が聞こえる。
「オヴェェェェェェ」
「大丈夫ですよ、一番苦しい所越えましたよ」
「あうあうあうあう」
「しゃべったら苦しいですよ、楽にして、大きく呼吸をしてください」
「うげえええええ」
「頑張って、ほら、ああ、ここにポリープありますねえ」
「あうううう」
待合室、みんな顔色が悪くなる。


僕の番。持参した唾液拭き取り用のタオルを敷いて、横になり、
胃の運動を止める薬を静注(担当の看護婦さん注射ヘタ)。
今から挿入されるブツに目が行くが、
とっても太い。
最近の胃カメラは技術改良で直径数ミリまで細くなったと聞いており、
まあ煙草かボールペンか、それくらいのモノだろうと思っていたが、
旧式なのか、想像していた数倍はあった
いざ挿入の時に、ブツの先がキラキラと光り始めた(撮影用のライト)。
「さあ、この黒光りするモノでお前の恥ずかしい所を覗いてやろうかねえ」
「先生、僕、初めてなんです、そんな太いのムリですぅ」
「ほらほら、奥まで入っちゃったよ、イヤラシイお口だねえ」
「あぁぁ…」
「ほらほらほら、お前の恥ずかしい所が丸見えだよ?」
などという下劣な妄想をして気を紛らせてみた。

そうこうしているうちにマウスピースを噛まされ、巨根で犯され… もとい、極太カメラ挿入。
「ぐぇぇぇぇぇぇ」
「唾飲んじゃダメです、唾は全部出して、飲むの我慢して」
「あうあうあうあう(反射的に飲んじゃってムリですう)」
「(体をさすってくれながら)頑張って、今が一番苦しいけど力抜いて、楽にして、大丈夫だからね」
「オヴェェェェェェ」
「ほら、唾飲んだらもっと苦しいよ?頑張って」
「あううううう(そんな事言われても反射なんだからムリですう)」
「ほら、奥まで入ったよ」
「ううううう」
「ほら見て、とってもキレイな胃だよ」 「今から空気入れるけどゲップしちゃダメだよ(空気が入る)」
「!!!!(何とも言えない腹部の不快感)」
「ほら、全部見えるよ、キレイな胃だねー(その間体内で蠢くカメラ)」
「………」
「うん、とってもキレイだ、いいねー」
「………(あ、涅槃が…)」
「じゃあ、ゆっくり抜くよ。力抜いてね」
「!!!!(最後まで抜けた瞬間のかつて無いスッキリ感で現実に戻る)」
「はい、よく飲めましたあ! キレイな胃でしたよ」

詳細な診断結果は後日だが、潰瘍と思しきものは無かったらしい。
ストレスによる胃炎ではないかという事。



苦痛の有無は医者の腕というよりは患者の体質ではないかと思う。
僕はノドの反射が過敏らしく(ヘタクソな耳鼻科で薬を塗られて吐いた事もある)、
予想通り地獄を見た。


…長々と読んでくださった皆様、内臓は大事にしましょうね。
  1. 2006/11/18(土) 20:36:51|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

昨夜、胃の痛みが臨界点を超えたので、
本日急遽病院に駆け込む。

初診受付で問診を書いていたが、隣で書いてるジジイのものを見ると、
「昨日からしんどい」とあった。
老人医療の負担率が上がるのは必然なんだろう。

9時に受付して、診察が13時。
若い医者は一度も目を合わせずに
「じゃあ今度胃カメラ飲もうか」と言い、2分で診察終了。
胃が痛いだけなのに何故か採血と検尿をし、
調剤薬局で薬をもらって帰宅したのが14時。



ちなみに胃カメラは土曜に飲みます。
胃痛よりも酒を止められたのがつらい。
  1. 2006/11/14(火) 23:34:04|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

胃が痛い。ひどいときは眠れないほど痛む。
医学書を読むと、ほぼ胃潰瘍の自覚症状にピッタリ。

飲みすぎかストレスか薬で内臓が傷んでいるのか、
思い当たるフシが多すぎて医者に行くのがブルーである。
穴があく前にちゃんと治そうと思う。
  1. 2006/11/12(日) 22:00:03|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

灯油

寒くなったので、近所で灯油を扱っているスタンドがないかと思い、
googleで「灯油 ガソリンスタンド 高槻」で検索した所、


ガソリン灯油
1500円以上国内配送無料。代引OK
5000円以上購入は最大500円還元!
Amazon.co.jp


というAmazonの広告が表示された。
まさかと思ったら、「ガソリン灯油」というタイトルの本だった。
  1. 2006/11/10(金) 22:11:05|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロ野球選手会に思う

一週間ほど前に、「要求(後述)が認められなければ来シーズンの数試合をボイコットする」などと言うナメた発言が新聞に載っていた。
さらに日米野球の体たらく(大量の選手が拒否した挙句惨敗)、挙句は日米野球なんて止めちまえばいい、という主張を始めた。

彼らの突きつけた要求を見てみよう。
1. 故障者リストの導入(要するにケガして休んでいてもFA権を寄越せという主張)、FA権取得日数の短縮
2. 非公式試合における怪我の保証
3. 投手の酷使の改善
4. 日程、移動の改善
5. 地方球場の設備改善

まあ2と3に関しては、正当な主張と言えると思う
(契約書にそういう文言を盛り込むように個々人で交渉すれば良いだけの話だが)。
ただ、1、4、5に関しては、少し行き過ぎた主張ではないか。
1に関して、故障だろうと何だろうとベンチにいない事は事実。
4年働いて5年怪我してた選手が権利を取得する、というのを誰が受け入れるのか。
4に関して、よく引き合いに出されるアメリカ大リーグの地獄のような日程を考えれば、甘いと思う。ナイターの翌日にデーゲームはキツいって、やっぱり数千万円から数億円の報酬を得ている人間の言うこととは思えない。この手の過密日程、強行軍は(スポーツに限らず)興行の世界では常識ではないか。
5に関しては、自治体の問題で、お門違い。そもそも財政の厳しい自治体が年に一回の野球の試合に多額のお金を突っ込めるわけない。福祉にでも使ってくれ。


大体ストライキっていうのはまさに伝家の宝刀であって、初回交渉でいきなり抜くバカがいるか(そもそも僕は選手会=労働組合という図式も気に食わない)。一昨年何となくなし崩し的に成功してしまったからと言って、今回も受け入れられると思うのは明らかに下策である。一応の大儀と結果(2リーグ維持と交流戦の導入)があった一昨年とは全く状況が違う。
  1. 2006/11/09(木) 23:11:50|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コーヒーリキュールが飲みごろなので、濾過して牛乳で割って飲んだ。相当うまい。
ガムシロップを敢えて入れなかったのと、アイスコーヒー用に深めに焙煎してもらった豆を使ったのが勝利のポイント。ちゃんと香りが立っている。

  1. 2006/11/07(火) 22:06:51|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

自家製酒

果実酒を漬けている。写真は洋なし。

IMG_0070.jpg


あと1、2週間すれば飲める予定。食前酒に最適。
ヘタなワインなど飲めなくなるくらいに美味い(予定)。
梨のリキュールは酒屋でもあんまり見ないので、結構貴重な気がする。
ちなみに隣にちょっと写っているタッパーの黒い液体は
コーヒー豆を漬け込んだ自家製コーヒーリキュール。
これはこの土日あたりが飲みごろ。
甘味を付けてないので、アイスクリームのソースなどにも良いかも。

次は柿、リンゴ、紅茶の葉あたりを漬け込む予定。
簡単な作業で結構楽しいので、
ちょっとした趣味としてオススメです。
作り方は、果物をテキトーに切って、
皮、芯ごと(柑橘類は皮をある程度は取る)密閉容器に入れて、
砂糖(氷砂糖かガムシロップ、面倒なら料理用の砂糖も可)とスピリッツ
(ジンかウォッカか専用のホワイトリカーが簡単、
上級者はウイスキーやブランデーでも作るらしい)
を投入して放置プレイ。忘れた頃に美味しく熟成されている。
  1. 2006/11/01(水) 22:39:45|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

まつお

Author:まつお
禁煙にほぼ成功。
酒は減らず。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。